虫歯や肥満も貧困が影響…偏った食事、受診控える傾向

虫歯や肥満も貧困が影響…偏った食事、受診控える傾向
出典:yomiDr.(読売新聞) – 虫歯や肥満も貧困が影響…偏った食事、受診控える傾向

経済的に苦しい暮らしが子どもの健康に悪い影響を与え、しかも長期にわたる可能性があることが研究でわかってきた。社会で普通の生活を送るための十分なお金がない貧困状態の子どもは、6人に1人いるとされる。負の連鎖を断つため、困っている親子を見つけ、支援する仕組み作りの重要性を専門家は訴えている。

  • 厚生労働省の2015年の調査によると、乳幼児が野菜を毎日食べる割合は、ゆとりがある家庭の82%に対し、ゆとりがない家庭は75%と低い。
  • 一方、脂肪分や塩分の取りすぎにつながるファストフードを使う機会はゆとりがない家庭で多く、栄養のバランスが悪い様子がみられる。
  • 医療機関の受診にも差がある。入院した子どもを調べた佛教大学などの研究によると、貧困世帯の子どもほどインフルエンザワクチンの接種率が低く、医療機関の受診を控える割合が高かった。
  • また足立区の小学1年生のうち、虫歯や肥満の割合は生活が困難な世帯で高いという結果が同区の調査で出ている。
  • 子ども時代の貧困状態は高齢期の心身に悪影響を及ぼす可能性もある。

続きはyomiDr.(読売新聞)のサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう