増える子どもの脂肪肝リスク―NAFLD 小児期の治療で肝硬変回避

増える子どもの脂肪肝リスク―NAFLD 小児期の治療で肝硬変回避
出典:時事メディカル – 増える子どもの脂肪肝リスク―NAFLD 小児期の治療で肝硬変回避

子どもの脂肪肝が増えている。背景には、メタボ予備軍として社会的な関心を集める小児肥満の増加がある。「早期に発見して治療を始め、肝硬変への進行を止める対処が急がれます」と、大阪市立大学医学部付属病院小児科・新生児科の徳原大介講師は話す

  • 肝臓に脂肪が多くたまってしまう脂肪肝には、飲酒によるアルコール性の脂肪肝と、お酒をあまり飲まないのに起こる非アルコール性の脂肪肝(NAFLD=ナッフルディー)とがある。
  • 小児のNAFLDについて徳原講師は、生まれつき肝臓に疾患があるのではなく、肥満が原因だと指摘する。
  • 肥満の小児は、1980年代から2013年に47.1%増加したとの調査報告がある。
  • 小児全体における脂肪肝の発症率は2.6~9.6%だが、肥満小児に限ると22.5~44%に上昇するという。
  • 小児では、肥満に至る過程が成人と異なります。不登校など何らかの事情があり、引きこもることによる運動不足や過食が隠れているケースがかなり多い。

続きは時事メディカルのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう