子供の腹痛を甘く見ない 親として知っておくべきことは?

供の腹痛を甘く見ない 親として知っておくべきことは?
出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – 子供の腹痛を甘く見ない 親として知っておくべきことは?

1月、胃食道逆流症や胃・十二指腸潰瘍など“酸関連疾患”の治療薬、プロトンポンプ阻害薬(PPI/商品名ネキシウム)が、1歳以上の小児に日本で初めて承認された。小児の酸関連疾患について、信州大学医学部小児医学教室講師・中山佳子医師に話を聞いた。

  • 日本は、小児用の薬の開発が極めて遅れている。消化器系疾患についても例外ではない。
  • 小児・乳児の患者は、成人と比べて少ない。たとえば胃食道逆流症の有症状率は、成人11・6%に対し、10歳未満は3・2%。
  • レセプトのデータベースで見ても、成人より小児・乳児の患者数は圧倒的に少ない。
  • しかし数は少なくても、確実に治療を必要としている患者さんがいます。
  • 小児の場合、これまでは安全性や有効性に関する十分なデータがなく、また小児の用法が添付されていない状況で、臨床での必要性に迫られ、薬を使用せざるを得なかった。

続きは日刊ゲンダイ ヘルスケア+のサイトで


この記事が気に入ったら
いいね!しよう