6歳を炎天下で走らせる、少年スポーツの実情

6歳を炎天下で走らせる、少年スポーツの実情
出典:東洋経済ONLINE – 6歳を炎天下で走らせる、少年スポーツの実情

総務省消防庁によると、7月16~22日の1週間に熱中症で救急搬送された人数と死者数が集計を始めた2008年以降で最多となった。搬送者数の速報値は全国で2万2647人で、うち65人が死亡した。

およそ4割が屋内からの搬送だというが、炎天下でスポーツをする子どもたちは大丈夫なのか。

  • 気象庁予報部が発表した関東甲信地方の7月31日から8月6日までの週間天気予報によると、向こう1週間は最高気温、最低気温ともに、平年よりかなり高くなるところもあるという。
  • 先週は台風上陸の影響で一時的に気温が下がったものの、再び熱中症の危険に向き合う日々が始まる。
  • 「重大事故が起きやしないかと、気が気じゃない」そう心配するのは、首都圏で少年サッカーのクラブで指導をしている30代の男性。
  • 台風がくる前の週末に大会参加したが、目も当てられない光景に遭遇した。

続きは東洋経済ONLINEのサイトで

熱中症の重症度と対処方法 – 熱中症シリーズ

暑さ指数 – 熱中症シリーズ

身体冷却法 – 熱中症シリーズ

皮膚の放熱メカニズム – 熱中症シリーズ

熱中症予防のガイドライン – 熱中症シリーズ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう