体温を下げない冷感グッズは熱中症リスクをむしろ上げる

体温を下げない冷感グッズは熱中症リスクをむしろ上げる
出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – 体温を下げない冷感グッズは熱中症リスクをむしろ上げる

熱中症の季節が到来し、あちこちで「冷感グッズ」が目立つようになってきた。身に着けたり接触するとひんやりする衣服や寝具、塗布したり貼り付けたりスプレーすると冷却感がある商品など、熱中症対策グッズとして大々的に取り上げられている。だが、そうした冷感グッズの中には逆効果になってしまうものがあるというから注意したい。

  • 「冷たい」「温かい」と感じるのは、皮膚の近くまで広がっている温度を感じる末梢感覚神経に存在する冷受容体や温受容体が外部の温度刺激に反応。
  • その情報が脊髄や脳へ伝達されることで知覚する仕組みとなっている。
  • 生命を維持していくためには外部環境の変化に細かく対応する必要があり、体が温まれば汗をかいて体内の熱を放散し、冷えれば逆に汗腺を収縮させて熱が逃げないようにする。
  • そんな重要な役割を担う“温感センサー”が、冷感グッズによって誤作動を起こし、逆に熱中症を引き起こす原因になる可能性があるという。

続きは日刊ゲンダイ ヘルスケア+のサイトで

熱中症の重症度と対処方法 – 熱中症シリーズ

暑さ指数 – 熱中症シリーズ

身体冷却法 – 熱中症シリーズ

皮膚の放熱メカニズム – 熱中症シリーズ

熱中症予防のガイドライン – 熱中症シリーズ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう