マスクは脳の温度を上げる…熱中症予防のカギは「鼻」にあり

マスクは脳の温度を上げる…熱中症予防のカギは「鼻」にあり
出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – マスクは脳の温度を上げる…熱中症予防のカギは「鼻」にあり

気温がぐんぐん上がる季節になり、各所で「熱中症」に対する注意が呼びかけられている。こまめな水分補給はもちろん重要だが、予防のカギは「鼻」にある。

  • 熱中症は、気温が上昇するのにまだ暑さに慣れていない人が多い5月ごろから増え始める。
  • 気温とともに体温が上がった際、われわれは汗をかいて体を冷やしたり、体表の血管を拡張させて放熱。
  • しかし、脱水症状を起こして体内の水分や塩分が不足したり、体温調節機能がうまく働かなくなると、体にどんどん熱がたまって脳をはじめとした臓器がダメージを受ける。
  • これによって、めまい、吐き気、頭痛、けいれん、意識障害などさまざまな症状が表れるのが熱中症だ。
  • 予防には水分補給が基本中の基本だが、加えて「鼻」を意識することが大切だという。

続きは日刊ゲンダイ ヘルスケア+のサイトで

熱中症の重症度と対処方法 – 熱中症シリーズ

暑さ指数 – 熱中症シリーズ

身体冷却法 – 熱中症シリーズ

皮膚の放熱メカニズム – 熱中症シリーズ

熱中症予防のガイドライン – 熱中症シリーズ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう