豪雨災害からも身を守れる子どもに

豪雨災害からも身を守れる子どもに
出典:ベネッセ 教育情報サイト – 豪雨災害からも身を守れる子どもに

各地に甚大な被害をもたらした2018年7月の西日本豪雨は、全国どこでも自然災害が避けられない事実を改めて突き付けました。2011年3月11日の東日本大震災以来、子ども自身が主体的に判断して行動し、自らの命を守る必要性がクローズアップされています。どのような安全教育を行えばよいのでしょうか。

  • 学校安全をめぐっては、2008年6月に学校保健法が「学校保健安全法」に改正され(施行は09年4月から)、その中で、国に「学校安全の推進に関する計画」の策定を義務付けるとともに、地方自治体にも、国に準じる計画の策定に努めるよう求めました。
  • 2012年4月に閣議決定された国の第1次学校安全推進計画(16年度までの5年間)は、震災の教訓を踏まえ、学校教育活動の全体を通じて実践的な安全教育を推進することを打ち出しました。
  • 現在は第2次学校安全推進計画(2017~21年度)に移っていますが、子ども自身に安全を守るための能力を身に付けさせるという第1次計画の基調は変わっていません。
  • しかも、学習指導要領の改訂を受けて、学校安全でも「主体的・対話的で深い学び」を取り入れて、教科横断的に「安全に関する資質・能力」を育むこととしました。

続きはベネッセ 教育情報サイトのサイトで


この記事が気に入ったら
いいね!しよう