子供の夏風邪侮らない プール熱流行、脳炎のリスクも

子供の夏風邪侮らない プール熱流行、脳炎のリスクも
出典: – 子供の夏風邪侮らない プール熱流行、脳炎のリスクも

夏休みを迎えた子供たちに忍び寄る夏風邪。安静にしていれば治るウイルス感染症が大半だが、今年は脳炎を引き起こすウイルスが多くみられ、注意を促す声もある。予防法や症状の見分け方を知っておこう。

  • 子供がかかりやすい夏風邪には、プール熱(咽頭結膜炎)やヘルパンギーナ、手足口病などいくつかある。
  • 症状には特徴があり、種類によっては重症化の可能性もある。
  • 国立感染症研究所の調査によると、今年はプール熱が6月から本格的に流行している。
  • アデノウイルスによる感染症で、プールの水の塩素殺菌が不十分だった時代にプールで感染が広がったのが名前の由来。
  • 38度以上の発熱やのどの痛み、目の結膜炎といった症状が出る。高熱は5日前後続くこともある。

続きは のサイトで

ヘルパンギーナ – 学校で予防すべき感染症シリーズ

プール熱(咽頭結膜熱) – 学校で予防すべき感染症シリーズ

手足口病 – 学校で予防すべき感染症シリーズ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう