「朝食は学校で」児童の遅刻減少、集中力アップ…住民・企業が協力し広がり

「朝食は学校で」児童の遅刻減少、集中力アップ…住民・企業が協力し広がり
出典:YomiDr.(読売新聞) – 「朝食は学校で」児童の遅刻減少、集中力アップ…住民・企業が協力し広がり

1日の始まりに朝食をしっかりとって生活リズムを整えさせようと、小・中学校で子供たちに朝ごはんを提供する活動が広がっている。登校してから食べるため、利用しやすく、遅刻が減るなど効果もあるという。

  • 大阪市東淀川区の市立西淡路小学校で毎週月、水、金曜日の朝、家庭科室に「朝ごはんやさん」が“開店”する。
  • 10月のある日のメニューは野菜いため、きつねうどん、バナナとパウンドケーキ。午前7時を過ぎると子供たちが、それぞれに食事をして教室へ移動した。
  • 長年、民生・児童委員と保護司を務めている 表西おもにし 弘子さん(72)らが家庭の事情で朝食をとれない子のためにと家庭科室を借りて、2016年11月に開始。
  • 早朝から働きに行く親が「作り置きよりは温かいものを」と利用させる例もあるという。
  • 表西さんは「友達とおなかいっぱい食べて元気に1日を過ごしてほしい」と話す。

続きはYomiDr.(読売新聞)のサイトで


この記事が気に入ったら
いいね!しよう