感染力ははしか並み 大人の百日咳、じわり広がる

感染力ははしか並み 大人の百日咳、じわり広がる
出典:NIKKEI STYLE – 感染力ははしか並み 大人の百日咳、じわり広がる

気温が下がり、空気が乾燥してくると、咳をする人が増える。咳を引き起こす病気の中でも、近ごろ注目されているのは“大人の百日咳”だ。
「かつては子どもだけの病気とされてきたが、近年、成人の発症が問題になっている」と話すのは、国立感染症研究所感染症疫学センター第一室主任研究官の神谷元さん。

  • 厚生労働省が2018年1月から百日咳の感染状況について調査を開始。
  • 7月1日(第26週)までに報告された百日咳患者2517人のうち、20歳以上が4分の1を占めていた。
  • 大人の場合は咳の症状が強く出ないことも多く、「自覚のないまま菌をまき散らしている可能性もある」(神谷さん)。
  • 大人での死亡例はほとんどないが、体が未熟で百日咳の免疫が十分でない生後6カ月未満の乳幼児にとっては致命的になり得る。

続きはNIKKEI STYLEのサイトで

百日咳(ひゃくにちせき) – 学校で予防すべき感染症シリーズ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう