反ワクチンが招いたヨーロッパのはしか大流行

反ワクチンが招いたヨーロッパのはしか大流行
出典:Newsweek – 反ワクチンが招いたヨーロッパのはしか大流行

<欧州では子供に予防接種を受けさせない反ワクチン派が多く、これがはしか大流行の主な原因になっている>

ヨーロッパでは今年上半期、麻疹(はしか)が感染者4万1000人以上、死者40人と猛威を振るっている。予防接種拒否の反ワクチン運動が収まらなければ、アメリカにも広がる可能性があると専門家は警告する。

  • 欧州では子供に予防接種を受けさせない反ワクチン派が多く、欧州委員会のアンカ・パドゥラルは、これがはしか大流行の主な原因だと言う。
  • WHO(世界保健機関)によれば、流行を防ぐには人口の95%がワクチンを2回接種していることが必要。
  • しかし、接種率が70%以下という国もいくつかある。
  • アメリカでもはしかの感染者はかなりの数で、疾病対策センター(CDC)は9月8日時点で137人を報告。
  • 背景には、ワクチン未接種の子供が年々増加していることがある。
  • ワクチンが自閉症を引き起こすという誤った説(トランプ大統領など著名人も支持)を親たちが聞かされてきた結果。
  • だが多くの研究で、自閉症と予防接種の関連性は証明されていない。

続きはNewsweekのサイトで

麻しん(はしか)– 学校で予防すべき感染症シリーズ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう