人一倍敏感な子「HSC」 ペースを尊重、自己肯定感育んで

人一倍敏感な子「HSC」 ペースを尊重、自己肯定感育んで
出典:SankeiBiz(産経新聞) – 人一倍敏感な子「HSC」 ペースを尊重、自己肯定感育んで

 「ハイリーセンシティブチャイルド(HSC)」。感受性が豊かで、他人の気持ちによく気がつく一方、周囲の刺激に敏感で傷つきやすい、「人一倍敏感」な子供を指す言葉だ。5人に1人存在すると言われるが、周囲の無理解に苦しむケースが多い。HSCとの関わり方を専門家に聞いた。(油原聡子)

  • HSCは、米国の心理学者、エレイン・N・アーロンさんが提唱した概念。
  • アーロンさんの著書「ひといちばい敏感な子」(1万年堂出版)によると、HSCは、(1)深く考える(2)過剰に刺激を受けやすい(3)感情の反応が強く、共感力が高い(4)ささいな刺激を察知する-という。
  • 個人差はあるが、例えば靴に入った砂や服のタグを痛がったり、怒られている人がいると自分も不安になったりする。
  • 病気や障害ではなく、生まれ持った気質。
  • 日本では、平成27年にアーロンさんの本が翻訳されたのを機に、子育てに悩む人を中心に知られるようになった。

続きはSankeiBiz(産経新聞)のサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう