はしかが繰り返し流行する日本。必要なのは、ワクチンの予防接種だ

はしかが繰り返し流行する日本。必要なのは、ワクチンの予防接種だ
出典:Forbes Japan – はしかが繰り返し流行する日本。必要なのは、ワクチンの予防接種だ

麻疹(はしか)が流行している。国立感染症研究所(感染研)によると、2月13日現在、感染者は167人で、都道府県別では三重県49人、大阪府47人と西日本に多い。

流行は西日本に留まらず、全国に拡大している。2月10日には神奈川県の患者数が7人となった。昨年1年間の6人を上回る。

もちろん、これは氷山の一角だ。私を含め、最近の多くの医師は麻疹を診察した経験が少なく、見落としている可能性が高いからだ。

  • 麻疹とは麻疹ウイルスの感染によって起こる感染症。
  • 感染力は強く、咳やくしゃみによる飛沫だけでなく、病原体粒子が空中を漂い、離れたところにいる人も感染させる。
  • これを空気感染といい、食い止めるのは難しい。
  • 麻疹が怖いのは合併症を起こすことだ。重要なのは肺炎(15%)と脳炎(0.2%)で、時に致死的となる。医療が発達したわが国でも致死率は0.1~0.2%とされている。
  • 我が国は麻疹の流行を繰り返してきた。過去10年間に限っても2008、12、14、15、16、18年、そして今年と7回も流行している。こんなに流行を繰り返すのは先進国としては異例。

続きはForbes Japanのサイトで

麻しん(はしか)– 学校で予防すべき感染症シリーズ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう