“未成年の妊娠”は虐待のリスクを高める…データに基づいたアメリカの対策

“未成年の妊娠”は虐待のリスクを高める…データに基づいたアメリカの対策
出典:FNN PRIME – “未成年の妊娠”は虐待のリスクを高める…データに基づいたアメリカの対策

つい先日、重度のやけどを負った3歳の長女と、5歳の長男を自宅に置いて、同居人の男(21歳)とパチンコに興じていた母親(22歳)が逮捕されたニュースが日本で話題になった。

ここのところ日本では児童虐待のニュースが絶えないが、その多くが、比較的年齢の低い保護者による被害(もちろんそうでない事件も多いが)であることを多くの人が気づいているのではないだろうか。

  • アメリカでは、未成年者の妊娠、いわゆるTeen Pregnancy (13−19歳での出産)は社会的、政治的、経済的な影響を及ぼす深刻な社会問題とされている。
  • Teen Pregnancyが生み出すネガティブな結果が長年のデータによって示されている。
  • 妊娠の結果、低学歴、無職となり、貧困に陥るケースがある。
  • 不定期な妊婦健診や母体の未熟さゆえに低体重、未熟での出産のリスクが高まる。
  • さらに発達障害、ヘルスリスク、虐待のリスクも飛躍的に高まることが分かっている。

続きはFNN PRIMEのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう