ビタミンD欠乏症の子どもが増加 心身の発達に影響も

ビタミンD欠乏症の子どもが増加 心身の発達に影響も
出典:時事メディカル – ビタミンD欠乏症の子どもが増加 心身の発達に影響も

子どもの「ビタミンD欠乏症」が増えている。医療保険のデータを用いた研究によると、2009~14年の5年間でその数は約3倍になった。その背景とビタミンDの不足が体に与える影響や対策について、この研究を取りまとめた赤坂ファミリークリニック(東京都港区)の伊藤明子院長に聞いた。

  • ビタミンDには、カルシウムやミネラルを骨に沈着させ、その成長を促す働きがある。
  • 骨量を保ち、骨粗しょう症を防ぐために不可欠な栄養素だ。
  • ビタミンDが不足すると、小児では、背中が曲がったり、足の骨が変形したりする「くる病」を発症することがある。
  • 近年、ビタミンDの働きに関する研究が進み、「免疫機能や皮膚、脳、発達などにも重要な役割を担っていることが分かってきました」と伊藤院長。
  • ところが、ビタミン欠乏症と診断された1~15歳の子どもの割合は、09年の10万人当たり3.88人から14年には12.4人に急増。

続きは時事メディカルのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう