「吃音」、理解されにくい症状に親や学校はどう向き合うべきか

「吃音」、理解されにくい症状に親や学校はどう向き合うべきか
出典:DIAMOND ONLINE – 「吃音」、理解されにくい症状に親や学校はどう向き合うべきか

言葉を発する時、つっかかったり、声が出なかったりすることを「吃音(きつおん)症」という。幼児の吃音は約20人に1人と世界的に同じ割合で現れ、消えずに残るケースは約1%。日本では100万人近い人が吃音症だと言われる。吃音は周囲に理解されにくいことも、辛さが増す要因だ。そんな、吃音の障害について、子育ての現場から考えてみた。

  • 2020年の東京パラリンピックへの注目度の高さを見ても、世の中は個性や多様性を認め合う時代に向かっている。
  • 教育現場でも、身体的な障害を持つ子どもや、ADHD(注意欠陥多動性障害)、自閉症などの障害がある子どもの教育を通常の学級で行う、特別支援教育が進められている。
  • 「吃音には『言語症状や心理的問題が徐々に変化していく』という『進展』と呼ばれる捉え方があります。
  • 幼児の頃は言葉の繰り返しや引き伸ばしを普通に発声するため、子どもは自分が吃音かどうかの自覚が曖昧。
  • 小学校低学年頃から、言葉がブロックされて出てこない言語症状『ブロック』が生じ始め、自分が吃音という認識は芽生えてきます。

続きはDIAMOND ONLINEのサイトで

参考:全国言友会連絡協議会



この記事が気に入ったら
いいね!しよう