スクウェルがお薦めする「ウィルス不活化装置」V-VALIAのご紹介

この度、スクウェル事務局(株式会社インターテクスト)は、イオンクラスター技術によってウィルスを不活化、また浮遊カビ菌、ホルムアルデヒド、PM2.5の除去に有効で、空気を清潔に保つことに貢献する「ウィルス不活化装置」V-VALIAの販売を開始いたしました。

 これまでスクウェル事務局では、学校における子どものウェルネスを追求し、手洗い推奨をはじめ、感染症についての啓発情報の発信に努めてまいりました。その信頼基盤の上に、科学的なエビデンスを備えた優れた商品を、学校をはじめとしてそれらを必要とする施設にご提供したく存じます。

 新型コロナウィルスによる不安は、多くの学校、団体、企業や個人を苦しめています。スクウェル事務局ではこれらの方々の不安を少しでも取り除き、健康で安心な生活を送れるように、引き続き尽力してまいります。

 こんな方々のために



少年野球は投げ過ぎに注意 「全力投球は1日50球以内」

少年野球の投手の半数以上が傷や打撲などの外傷を除く体の痛みを感じていたことが日本整形外科学会と全日本野球協会などの全国調査で分かった。投球による肘の痛みが最も多かった。

Screenshot

産経新聞

少年野球は投げ過ぎに注意 「全力投球は1日50球以内」

 投手を増やして1人ずつの負担を減らすことは進んでいるが、調査した医師は「全力投球は1日50球以内、週100球以内にしたい。どんなに多い週でも200球まで」として、投球の際、球数を覚える癖をつけるよう呼び掛けた。
少年野球のピッチャー
”A4サイズのイラスト(ログインしてください。)”

 練習は週3回までにとどめ、練習前後には各20分以上のストレッチが必要。週1回は腕の痛みや曲がりをチェックして、異常があれば受診するよう勧めた。結果は同学会ウェブサイトで公表。

Screenshot

PDFファイル – 日本整形外科学会

「平成27年度少年野球(軟式・硬式)実態調査」



この記事が気に入ったら
いいね!しよう