ペスト – 学校で予防すべき感染症シリーズ

ペスト - ほけんだよりプラス - 学校で予防すべき感染症シリーズ規則で第一種の感染症に分類され、出席停止の基準は「治癒するまで」です。

ペストの原因

ペストの病原体は、ペスト菌です。肺ペストは飛沫感染します。宿主はネズミ、イヌ、ネコなどで、ノミが媒介します。発育適温は28~30℃で、1~45℃で発育します。他の一般的な菌よりもゆっくりと発育します。
ペスト感染の原因

ペストの症状

腺ペスト(リンパ節への感染)の症状は、発熱とリンパ節の腫脹、疼痛で、腺ペストはヒトペストの80~90%を占めています。肺ペストの症状は、発熱、咳、血痰、呼吸困難。治療が遅れた場合の致死率は50%以上で、特に肺ペストは死に至ることもあります。

ペストの予防

発病する可能性の高い人や、流行地への旅行者のように短期間ペストの暴露を受ける可能性がある人に対して、WHO、CDCは抗菌薬の予防投与を勧めています。また、長期に渡ってペスト菌常在地域にいる人で、ペスト菌に濃厚に暴露される可能性が高い人は、ワクチンの接種を受けることが勧められています。



ここから先は、「Schoowell(スクウェル)」の
メンバー限定(登録は無料)のコンテンツとなります。
[flexbox direction=row wrap=nowrap alignh=left alignv='' alignitems=stretch flexchildren='' width=100% height='' class='' style=''] [flexitem flex=1 margin=10 padding='' width='' height='' class='' style='']
[/flexitem] [flexitem flex=1 margin=10 padding='' width='' height='' class='' style='']
[/flexitem] [/flexbox]


この記事が気に入ったら
いいね!しよう