HIV

Tagged
エイズの今 発症・他者への感染も早期治療で防げる

エイズの今 発症・他者への感染も早期治療で防げる

出典:NIKKEI STYLE(日本経済新聞) – エイズの今 発症・他者への感染も早期治療で防げる 気になる感染症について、がん・感染症センター都立駒込病院感染症科部長の今村顕史さんに聞く本連載。今回は12月1日の「世界エイズデー」にちなんで「HIV感染症/エイズ」を取り上げる。かつては「エイズ=死」とい...
<愛媛県>性感染症 県内で増加 梅毒が急増 検診を促進

<愛媛県>性感染症 県内で増加 梅毒が急増 検診を促進

出典:愛媛新聞 – 性感染症 県内で増加 梅毒が急増 検診を促進 性感染症の梅毒の感染者数が近年、全国的に急増。 愛媛では2016年(11月20日現在)は21件の報告があり、6件だった15年の3倍以上に増加。 全国的には横ばいが続くエイズウイルス(HIV)感染者・エイズ患者の報告数(日本国籍)も増加傾向に。...
「エイズ」ってなに?

「エイズ」ってなに?

出典:yomi Dr./ヨミドクター(読売新聞) – 「エイズ」ってなに? 12月1日は世界エイズデーです。日本では12月をエイズ月間として、各都道府県で様々な啓発がすすめられます。 若い人たちは無関心によって、そして年齢の高い人は誤解や偏見で、「エイズという名前は知っていても、どんな病気かよくわからない」...
<岡山県>エイズや性感染症への理解深める 岡山南RCが若者に啓発イベント

<岡山県>エイズや性感染症への理解深める 岡山南RCが若者に啓発イベント

出典:山陽新聞 – エイズや性感染症への理解深める 岡山南RCが若者に啓発イベント 若者にエイズや性感染症への理解を深めてもらう啓発イベント「ストップエイズキャンペーン」が開催された。 大学生ら約250人が予防法などを学んだ。 「性感染症から身を守るため、今、知っておいてほしいこと」と題して講演。 「危ない...
<愛知県>学生向けにHIV講習…若いうちから正しい知識

<愛知県>学生向けにHIV講習…若いうちから正しい知識

◆患者が体験談、現状伝える  治療薬の進歩で長生きできる病になった HIV(エイズウイルス) 感染症だが、偏見や誤解は根強い。先入観を持たない若いうちに正しい知識を身に付けてほしいと、国立病院機構名古屋医療センター(名古屋市)が行う学生向け講習に関心が集まっている。 YomiDr – 読売新聞 学生向けにH...
エイズ検査

<沖縄県> 沖縄のエイズ患者、10万人当たり全国2番目

昨年の新たなHIV感染者は17人。人口10万人当たり全国3番目の多さ 診断時に既にエイズ発症していた患者は10人で、10万人当たり2番目 感染経路は男性同性間の性的接触18人、異性間性的接触5人、不明4人 沖縄タイムス 沖縄のエイズ患者、10万人当たり全国2番目 県内HIV感染者・エイズ患者の推移  2015年に県内で...
血液検査

<岡山県> 岡山県内「いきなりエイズ」減少 15年 感染21人中、発症4人

岡山県内で2015年に新たにエイズウイルス(HIV)への感染が確認された21人のうち、既に発症していた「いきなりエイズ」と呼ばれるケースは19%の4人で、13年(15・8%)に次いで過去2番目に低い水準だったことが県のまとめで分かった。 さんデジ – 山陽新聞 岡山県内「いきなりエイズ」減少 15年 感染2...