九州

Category
apple

<熊本県>リンゴ病倍増、今年報告最多

出典:熊本日日新聞 – リンゴ病倍増、今年報告最多 9月23~29日の熊本県感染症情報によると、県内50定点の医療機関から報告された伝染性紅斑(リンゴ病)の患者数は前週比20人増の44人とほぼ倍増、1週間の報告としては今年最多となった。 伝染性紅斑(リンゴ病)は、微熱やせきなど風邪の症状に加え、頬が発疹でリ...
発達障害

<佐賀県>リーフレット(PDF)「知ってほしい発達障害のこと」

出典:佐賀県教育委員会 – リーフレット(PDF)「知ってほしい発達障害のこと」 発達障害のある子どもの保護者の方だけでなく、全ての皆さんに発達障害について理解を深めていただくために作成しました。 A4版4ページで、発達障害の特性、発達障害の現れ方、周囲にいる全ての人の理解と支援の必要性を示しています。  ...
発達障害

発達障害 理解深めて 大分市のNPOが2冊子を製作

出典:大分合同新聞 – 発達障害 理解深めて 大分市のNPOが2冊子を製作 発達障害の人を支援している大分市のNPO法人「共に生きる」は、障害の理解に役立つ2種類の冊子(A5判)を作った。当事者と家族の声をまとめた他、当事者が苦手克服のため取り組んでいる工夫を紹介。 代表理事の江藤裕子さん(61)は「発達障...
子ども食堂

「子ども食堂」地域の中で存在意義も変化 模索を続ける現場

出典:西日本新聞 – 「子ども食堂」地域の中で存在意義も変化 模索を続ける現場 「本当に必要としている子どもに食堂が知られていない」「スタッフが足りない」。西日本新聞が子ども食堂運営者に行ったアンケートでは、さまざまな課題が浮かび上がった。 子ども食堂とは、経済的に困窮する子どもに食事を提供するという目的で...
抗菌薬

抗菌薬、使い過ぎにご用心 医師ら「風邪には効かない」呼び掛け 耐性菌増え、死亡例や後遺症も

出典:西日本新聞 – 抗菌薬、使い過ぎにご用心 医師ら「風邪には効かない」呼び掛け 耐性菌増え、死亡例や後遺症も 抗菌薬(抗生物質)が効かない細菌「薬剤耐性菌」が医療現場で広がり、治療が長期化したり、最悪の場合は死亡したりするなど世界的に問題となっている。抗菌薬の過剰使用が背景にあるとして、厚生労働省は、抗...
送迎

<福岡県>「送迎が大変」発達障害児らの通級指導 保護者が往復1時間半も

出典:西日本新聞 – 「送迎が大変」発達障害児らの通級指導 保護者が往復1時間半も 発達障害などの児童生徒が通常学級に在籍しながら特別な指導を受けられる「通級指導教室」。小学生の息子を通わせる母親から「往復だけで1時間半以上かけて別の小学校まで送迎しています」と訴える声が特命取材班に届いた。知人の子どもの場...
ワクチン

<福岡県>はしか対策「平時の発想ではだめ」 福岡市、保育関係者にワクチン接種

出典:産経ニュース(産経新聞) – はしか対策「平時の発想ではだめ」 福岡市、保育関係者にワクチン接種 福岡市は4日、市内の保育関係者を対象に、はしか(麻疹)ワクチンの接種を始めた。流行が続く中、特に感染した場合のリスクが高い乳児や、その保護者を守る。認可外も含めた市内の保育施設全650カ所で勤務する50歳...
食物アレルギー

<福岡県>スマホで給食アレルギーを簡単確認 誤食防止へ医師ら開発 福岡市立小に対応

出典:西日本新聞 – スマホで給食アレルギーを簡単確認 誤食防止へ医師ら開発 福岡市立小に対応 福岡市立小に通うアレルギーのある子どもの保護者向けに、給食に含まれる原因物質(アレルゲン)をパソコンやスマートフォンで簡単にチェックできるシステムを、同市の医師らでつくる研究会が開発した。卵など子どものアレルゲン...
手足口病

<大分県>手足口病の流行で異例の早さで警報発表

出典:OBS大分放送 – 手足口病の流行で異例の早さで警報発表 夏場にかかりやすい「手足口病」が異例の早さで流行していて、県は23日、警報を発表しました。 「手足口病」は主に乳幼児が発症するウイルス性の感染症。 県内では、20日までの1週間に報告された1医療機関あたりの患者数が6.92人となり、今年初めて警...
ワクチン

<福岡県>はしか、福岡でも拡大 接種希望殺到、ワクチン不足も

出典:日本経済新聞 – はしか、福岡でも拡大 接種希望殺到、ワクチン不足も 「はしか」の感染者が福岡県でもじわじわと増えている。4月以降、今月23日までに県内で17人の感染が確認された。感染力が非常に強く、国は2回のワクチン接種による予防を促しているが、感染拡大に伴って予防接種を希望する人が相次ぎ、ワクチン...