<福岡県>「窓開けられない」「マスク大丈夫?」 コロナと熱中症、悩む学校

<福岡県>「窓開けられない」「マスク大丈夫?」 コロナと熱中症、悩む学校

出典:西日本新聞 – 「窓開けられない」「マスク大丈夫?」 コロナと熱中症、悩む学校

蒸し暑い日が続く中、本格的に授業が再開した学校現場では、熱中症と新型コロナウイルス対策の両立が課題となっている。感染予防策として換気は大切。

一方、多くの公立学校で設置が進むエアコンは一般的に換気ができない。子どもたちは校内で原則マスクを着用しており、体温が上昇しないか心配だ。子ども同士の距離を取る必要もあり、現場は四苦八苦している。

  • 福岡市の場合、エアコン使用は学校の判断に任されている。
  • 同市の中学校の30代男性教諭は今のところ、教室と廊下の窓を全開にし、扇風機を回して授業をしている。小まめに水分補給をし、きついときはマスクを外してもいいと指導。
  • だが生徒は絶対に外さないという。「周りがみんなマスクをしているのに、自分だけ外せないという気持ちがあるのかもしれない。マスクを外していいという自分の指導が正しいのかも、正直分からない」。
  • 同市のある小学校では、教室の窓を開け、常時換気をした状態でエアコンを使う。教室によっては外に置く室外機の温風が入るため、窓を開けられないクラスも。

続きは西日本新聞のサイトで

熱中症の重症度と対処方法 – 熱中症シリーズ

暑さ指数 – 熱中症シリーズ

身体冷却法 – 熱中症シリーズ

皮膚の放熱メカニズム – 熱中症シリーズ

熱中症予防のガイドライン – 熱中症シリーズ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう