福岡県

Category
子ども食堂

「子ども食堂」地域の中で存在意義も変化 模索を続ける現場

出典:西日本新聞 – 「子ども食堂」地域の中で存在意義も変化 模索を続ける現場 「本当に必要としている子どもに食堂が知られていない」「スタッフが足りない」。西日本新聞が子ども食堂運営者に行ったアンケートでは、さまざまな課題が浮かび上がった。 子ども食堂とは、経済的に困窮する子どもに食事を提供するという目的で...
抗菌薬

抗菌薬、使い過ぎにご用心 医師ら「風邪には効かない」呼び掛け 耐性菌増え、死亡例や後遺症も

出典:西日本新聞 – 抗菌薬、使い過ぎにご用心 医師ら「風邪には効かない」呼び掛け 耐性菌増え、死亡例や後遺症も 抗菌薬(抗生物質)が効かない細菌「薬剤耐性菌」が医療現場で広がり、治療が長期化したり、最悪の場合は死亡したりするなど世界的に問題となっている。抗菌薬の過剰使用が背景にあるとして、厚生労働省は、抗...
送迎

<福岡県>「送迎が大変」発達障害児らの通級指導 保護者が往復1時間半も

出典:西日本新聞 – 「送迎が大変」発達障害児らの通級指導 保護者が往復1時間半も 発達障害などの児童生徒が通常学級に在籍しながら特別な指導を受けられる「通級指導教室」。小学生の息子を通わせる母親から「往復だけで1時間半以上かけて別の小学校まで送迎しています」と訴える声が特命取材班に届いた。知人の子どもの場...
ワクチン

<福岡県>はしか対策「平時の発想ではだめ」 福岡市、保育関係者にワクチン接種

出典:産経ニュース(産経新聞) – はしか対策「平時の発想ではだめ」 福岡市、保育関係者にワクチン接種 福岡市は4日、市内の保育関係者を対象に、はしか(麻疹)ワクチンの接種を始めた。流行が続く中、特に感染した場合のリスクが高い乳児や、その保護者を守る。認可外も含めた市内の保育施設全650カ所で勤務する50歳...
ワクチン

<福岡県>はしか、福岡でも拡大 接種希望殺到、ワクチン不足も

出典:日本経済新聞 – はしか、福岡でも拡大 接種希望殺到、ワクチン不足も 「はしか」の感染者が福岡県でもじわじわと増えている。4月以降、今月23日までに県内で17人の感染が確認された。感染力が非常に強く、国は2回のワクチン接種による予防を促しているが、感染拡大に伴って予防接種を希望する人が相次ぎ、ワクチン...
ワクチン

<福岡県>はしか拡大 九州警戒 福岡県内で9人感染確認 予防接種呼び掛け

出典:西日本新聞 – はしか拡大 九州警戒 福岡県内で9人感染確認 予防接種呼び掛け 沖縄や愛知を中心に広がっているはしかは15日までに、全国で150人以上、福岡県では9人の患者が確認された。九州では同日現在、福岡以外の6県で発生報告はないが、各県とも「いつどこで広がってもおかしくない」と危機感を強めている...
食物アレルギー

<福岡県>アレルギー用給食 3割の中学未提供 保護者「同じ市内でなぜ」

出典:西日本新聞 – 福岡市 アレルギー用給食 3割の中学未提供 保護者「同じ市内でなぜ」 福岡市の中学校給食で、食物アレルギーへの対応の違いが地域によって生じている。2014年以降に完成した二つの学校給食センターは約7割の学校にアレルギー対応食を配っているが、残る2センターは担当する約3割の学校に提供して...
疑問

<福岡県>広がる「がん教育」 健康や命の大切さ知って 経験者が思いを伝える

出典:西日本新聞 – 広がる「がん教育」 健康や命の大切さ知って 経験者が思いを伝える 日本人の死因1位で、国民の2人に1人がかかるとされる「がん」。この病気について知り、健康や命の大切さを学ぶ授業が、本年度から福岡市の全小中学校で取り組まれるなど全国に広がっている。「がん教育」とは子どもたちに何を教え、ど...
猫

人獣共通「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」で国内初の死亡例

出典:産経ニュース – 人獣共通「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」で国内初の死亡例 犬や猫などから人間にうつるとされる人獣共通感染症「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」による死者が国内で初めて確認されていたことが14日、厚生労働省への取材で分かった。厚労省は今月、自治体などに向けて通知を出し、...
多目的トイレ

<福岡県>車椅子の旅、地図で安心 多目的トイレ情報詳しく

出典:西日本新聞 – 車椅子の旅、地図で安心 多目的トイレ情報詳しく 車椅子を使う人の外出を後押ししようと、福岡市のNPO法人「あすも特注旅行班」が旅先の多目的トイレの情報を充実させた観光地図の作製に取り組んでいる。2。 2次元コードを活用し、スマートフォンや携帯電話を使えば、トイレの広さや手すりの形状など...