<福岡県>はしか拡大 九州警戒 福岡県内で9人感染確認 予防接種呼び掛け

はしか拡大 九州警戒 福岡県内で9人感染確認 予防接種呼び掛け
出典:西日本新聞 – はしか拡大 九州警戒 福岡県内で9人感染確認 予防接種呼び掛け

沖縄や愛知を中心に広がっているはしかは15日までに、全国で150人以上、福岡県では9人の患者が確認された。九州では同日現在、福岡以外の6県で発生報告はないが、各県とも「いつどこで広がってもおかしくない」と危機感を強めている。

  • 国立感染症研究所によると、はしかはウイルス感染後10~12日間の潜伏期間を経て、高熱やせき、発疹などの症状が出る。空気感染し、感染力はインフルエンザの10倍程度で、発疹が出る前が最も強いという。
  • 海外で感染したとされる台湾人旅行客を発端に沖縄で3月以降98人が感染し、愛知、東京にも広がっている。
  • 同研究所によると、患者は今年に入って5月6日までに12都府県で確認された。ただ、福岡は沖縄や愛知などを訪れたことがない20代男性から広がっており、感染ルートは不明。
  • 各県は「海外も含め、これだけ往来が頻繁だと拡大のリスクは高い」(熊本県健康危機管理課)と警戒。
  • 予防にマスクや手洗いなどは効果がなく、唯一ワクチン接種が有効。

続きは西日本新聞のサイトで

麻しん(はしか)– 学校で予防すべき感染症シリーズ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう