子供が原因不明の手足まひ、8割が症状残る

昨年夏以降、手足に原因不明のまひなどが起きた子どもが相次ぎ、一部の患者から「エンテロウイルスD68」が検出された問題で、日本小児科学会は、まひが表れた患者のうち8割に症状が残ったとする中間報告をまとめた。

Screenshot

YomiDr – 読売新聞

子供が原因不明の手足まひ、8割が症状残る

 中間報告によると、手足のまひが起きた患者のうち、ウイルス性の脊髄炎が原因とみられる54人を分析した。
 まひが完全に治ったのは5人のみで、33人は改善が一定程度でとどまり、11人は改善が見られなかった。
 手足のまひ以外に、4人に意識障害、11人に手足に感覚障害が起きた。8人は顔面まひやのみ込みの悪さを覚えていた。
原因不明の手足のまひ
”A4サイズのイラスト(ログインしてください。)”

 45人の画像分析では、全員に脊髄に異常が見られ、このうち20人は脳幹にも異常が確認された。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう