ジカ熱 胎盤通じ子どもに感染 マウス実験で初確認

中南米などで流行しているジカ熱について、ブラジルなどの研究グループが妊娠しているマウスをジカ熱に感染させたところ、子どもに小頭症のような脳の障害が起きることが確認され、ジカ熱が脳に影響を与える仕組みの解明につながると注目されています。

Screenshot

NHK NEWS WEB

ジカ熱 胎盤通じ子どもに感染 マウス実験で初確認

これは、ブラジルのサンパウロ大学などの研究グループが11日、イギリスの科学雑誌「ネイチャー」に発表したものです。
研究グループは、妊娠しているマウスにブラジルで採取したジカ熱のウイルスを注射して子どもへの影響を調べました。その結果、感染したマウスから産まれた子どもには脳の神経細胞が少なく、脳が小さい小頭症のような障害が起きることが確認されたということです。さらに、マウスの子どもの脳から、多くのウイルスが見つかったということです。
胎盤
また、アメリカ・ミズーリ州にあるワシントン大学の研究グループも異なる系統のウイルスやマウスを使って実験を行い、同じように母子感染することを確認したとアメリカの科学雑誌「セル」に発表しました。
マウスを使った実験で、ジカ熱のウイルスが母体の胎盤を通じて子どもに感染することが確認されたのは今回が初めてで、ワクチンなどの開発や、ジカ熱のウイルスが脳に影響を与える仕組みの解明につながる成果として注目されています。


Schoowell(スクウェル)に無料会員登録しませんか?

どうしてなるの?「あせも・汗あれ」
Schoowellでは、健康に関するテーマを毎回設け、テーマに関する重要事項の解説、最新情報などイラストを使用し、わかりやすく解説しています。
Schoowellの登録会員様には、A4サイズのPDFでダウンロードすることもでき掲示板への掲載や生徒へ配布等ご使用できます。

皆様のご登録をお待ちしております。
Schoowell(スクウェル)事務局 一同

この記事が気に入ったら
いいね!しよう