<大阪府> JR西、国循も移転の吹田操車場跡地に医療・健康ビル

JR西日本が、岸辺駅北側の旧国鉄吹田操車場跡地(大阪府吹田市)に、医療・健康分野に特化した9階建ての複合商業ビルを建設することが1日、分かった。

Screenshot

産経新聞

JR西、国循も移転の吹田操車場跡地に医療・健康ビル ホテル、自然食レストラン、介護施設、フィットネス…30年度全面開業へ

 跡地には国立循環器病研究センターが平成30年度に移転するなど、関西の医療拠点として再開発が進められており、JR西も同様のコンセプトでの進出を決めた。健康志向のホテル、自然食レストランなどが入る予定で、来年2月に着工し30年度中の全面開業を目指す。

 吹田操車場は大正12年、貨物列車の停車、入れ替え施設として運用が始まり、国内最大規模の物流拠点として関西の経済を支えてきた。線路の総延長約150キロ、最大貨車取扱量6千両を誇ったが、昭和59年に役割を終えた。
 跡地は吹田、摂津両市にまたがり全体で49・6ヘクタール。大阪府や吹田市、都市再生機構(UR)が中心となり、国立循環器病研究センターや市立吹田市民病院の移転を決めるなど医療拠点としての再開発を進めている。
再開発
 JR西はURから岸辺駅北側(吹田市)にあるロータリー西側の土地約8240平方メートルを取得。医療拠点としての全体コンセプトに基づき、JR西として初めてとなる医療・健康分野に特化した複合商業ビル建設を決めた。西隣には吹田市民病院が移転する予定だ。ビル1階には健康食品中心のスーパーや自然食レストランなどが入る。2階はクリニックや調剤薬局に加え、物販店や飲食店などが入居。3、4階には駐車場を設け、5階にはフィットネスクラブと通所型の介護施設が入る。6~9階のホテルは、人間ドックなど医療機関とも連携したプランを提供できる施設となる。
 JR西は百貨店や商業施設などの流通事業を成長分野の柱に位置づけており、「健康」という新たなテーマも打ち出し、さらなる成長を目指す。


Schoowell(スクウェル)に無料会員登録しませんか?

どうしてなるの?「あせも・汗あれ」
Schoowellでは、健康に関するテーマを毎回設け、テーマに関する重要事項の解説、最新情報などイラストを使用し、わかりやすく解説しています。
Schoowellの登録会員様には、A4サイズのPDFでダウンロードすることもでき掲示板への掲載や生徒へ配布等ご使用できます。

皆様のご登録をお待ちしております。
Schoowell(スクウェル)事務局 一同

この記事が気に入ったら
いいね!しよう