子どもが急に精巣痛…実は怖い病気?

子どもが急に精巣痛…実は怖い病気?
出典:yomi Dr/ヨミドクター(読売新聞) – 子どもが急に精巣痛…実は怖い病気?

  • 急にタマが痛くなった時……たかがタマの痛みとはいえ、そこには人生を左右しかねない病気が隠れている可能性があります。
  • 急性陰嚢症の原因として、子どもに多く発生する「精巣捻転」という病気がある。
  • 腹部と精巣をつなげる精索と呼ばれる、ひも状の部分がねじれる病気。
  • 大変な痛みを伴うばかりか、放っておくと精巣が 壊死してしまいます。
  • 1歳から25歳の男性10万人のうちの4.5人ほどの頻度。
  • 捻転から6時間以内に手術をすれば、90%は精巣の機能を守ることができます。
  • 治療するには、緊急手術が必要となります。陰嚢を切開し、ねじれている精巣を元に戻してあげて、再びねじれないように固定。
  • 子どもの陰嚢の痛みが起こった場合は、治療が必要となることが多く、注意が必要です。もしも、痛みが起こった場合は、すみやかに泌尿器科を受診すること。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう