眠り制御の2遺伝子発見、筑波大 病気の治療前進も

眠り制御の2遺伝子発見、筑波大 病気の治療前進も
出典:西日本新聞 – 眠り制御の2遺伝子発見、筑波大 病気の治療前進も

  • 筑波大などの研究チームが、睡眠と覚醒をコントロールする二つの遺伝子を発見。
  • 2日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表。
  • 睡眠の仕組みの解明や、睡眠障害の治療につながると期待。
  • 化学物質を使って無作為に遺伝子に変異を起こした8千匹のマウスの中から、脳波などを分析。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう