子どもの血液がん再発リスク名大グループ 高確率の診断法 開発

子どもの血液がん再発リスク名大グループ 高確率の診断法 開発
出典:中日新聞 つなごう医療 – 子どもの血液がん再発リスク 名大グループ 高確率の診断法 開発

  • 名古屋大大学院医学系研究科の村松秀城助教(小児科学)らのグループが、子どもの血液がん「小児急性リンパ性白血病」で、再発を起こす白血病細胞を高い確率で見つける診断法を開発。
  • 子どもの血液がん「小児急性リンパ性白血病」は、再発すると死亡率が高い。
  • これまで見逃された白血病細胞を早期に見つけ、治療効果の改善につながるという。
  • 小児急性リンパ性白血病は小児がんで最も多く、日本では年間約600人が発症。
  • 村松助教は「この診断法なら残存細胞を見つけ次第、有効な治療法を選択することができ、再発の悪化リスクを減らせる」と説明。
  • 名大病院はすでに活用しており、普及を目指す。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう