「はたちの献血」に誤解広がる 実は16歳から可能です…厚労省は名称変更も検討

「はたちの献血」に誤解広がる 実は16歳から可能です…厚労省は名称変更も検討
出典:産経ニュース – 「はたちの献血」に誤解広がる 実は16歳から可能です…厚労省は名称変更も検討

  • 40年以上続く若者向けの献血キャンペーン「はたちの献血」。
  • 有識者から「献血が20歳からではないかという誤解がある。選挙権も18歳からとなったので、名称を検討した方がよいのでは」と指摘。
  • 若年層の献血は年々減っている一方、高齢化で血液需要が高まっている。
  • 若年層へのPRのため、今年度はポスターを全国の中学校に約3万4千枚配布、高校には献血の副読本を117万部用意。
  • 厚労省は「血液の安定的な確保には、若いころから継続して献血してもらうことが欠かせない」と強調し、早ければ2年後にキャンペーンの衣替えを考えているという。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう