<佐賀県>胃がん予防で「将来への贈り物」…ピロリ菌の自治体検診、中高生にも拡大 


出典:Yomi Dr(読売新聞) – 胃がん予防で「将来への贈り物」…ピロリ菌の自治体検診、中高生にも拡大

  • 中高生を対象にしたピロリ菌の自治体検診が広がっている。
  • 佐賀県が2016年度から全国の都道府県で初めて中学生への検診事業を始め、鹿児島県も17年度から高校生を対象に計画しているほか、大分県内や北海道内などの自治体でも実施や計画中。
  • 専門家は除菌治療が胃がん予防につながる意義を強調しつつ、若年者への標準的な検査方法の確立が必要と指摘している。
  • 受診は任意で、保護者の了解が得られた生徒について学校健診で採取した尿を調べ、感染の疑いがある陽性であれば検便で確定検査を行う。
  • 感染がわかった生徒は、希望すれば無料で除菌治療を受けることができる。除菌まで行うと1人2万円ほどかかるという費用は県が負担。

続きはYomi Dr(読売新聞)のサイトで


この記事が気に入ったら
いいね!しよう