B型肝炎から子どもを守る=0歳児対象に定期接種化

B型肝炎から子どもを守る=0歳児対象に定期接種化
出典:時事メディカル – B型肝炎から子どもを守る=0歳児対象に定期接種化

  • 2016年10月から、4月以降に生まれた0歳児を対象にB型肝炎ワクチンを原則無料で受けられる「定期接種」が始まる。
  • B型肝炎ウイルス(HBV)は、慢性化してキャリア(持続感染者)になると、数十年かけて肝硬変や肝臓がんなどの命に関わる病気を引き起こす。
  • HBVを体内から完全に排除することも困難なため、ワクチンによる予防が重要。

続きは時事メディカルのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう