うつ病や不安障害を招く、ADHDの「二次障害」を防ぐには?

うつ病や不安障害を招く、ADHDの「二次障害」を防ぐには?
出典:マイナビ – うつ病や不安障害を招く、ADHDの「二次障害」を防ぐには?

近年、”大人のADHD”や”大人の発達障害”といった言葉が聞かれるようになってきた。社会に出てから初めてADHDと診断される人も少なくなく、家庭や学校だけでなく、職場での理解や協力が非常に重要と言えるだろう。
周囲の理解が得られない場合、うつ病や不安障害といった「二次障害」を引き起こしてしまう懸念もある。今回は、ADHDの「二次障害」について、精神科の高木希奈医師にお聞きした。

  • ADHDは、家族の育て方が悪いから子供が発症する、というものでもなければ、本人の意思や努力の問題、ということでもありません。
  • 近年、ADHDやアスペルガー症候群など”大人の発達障害”の方が増えています。
  • 子供のときにはほとんど問題にならなかったのに、社会に出てから不適応を起こし、発達障害と診断されるケースも多いです。
  • それはなぜでしょうか?

続きはマイナビのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう