20歳まで子供は“うつ”を言葉にできない 「うつ病」重さ別5つの対処法

20歳まで子供は“うつ”を言葉にできない 「うつ病」重さ別5つの対処法
出典:SankeiBiz(産経新聞) – 20歳まで子供は“うつ”を言葉にできない 「うつ病」重さ別5つの対処法

マンガ家の田中圭一氏が自身をはじめ各界著名人のうつ病体験を記した『うつヌケ』が15万部超のベストセラーを記録した。いまや国民病といわれるうつ病に、どう向き合えばいいか。精神医療の第一人者が、ストレスの多い現役世代にアドバイスを送る。

  • 実は「うつ病とは○○である」というはっきりした答えはありません。
  • いまだに病気の本体や原因はよくわかっていない。
  • 発症のきっかけは、両親など大切な人を失う喪失体験、転勤や昇進など環境の変化、職場の人間関係、病気や体調の悪化。
  • うつはある意味で、イヤなことに出合ったとき、いったん退却して精神的な態勢を立て直すための適応的な反応。
  • 一般に、生真面目で責任感が強い人はうつ病になりやすいといわれます。
  • しかし、うつ病は誰でもかかるもので、その人にとって苦手な状況におかれたときに発症すると考えたほうがいい。

続きはSankeiBiz(産経新聞) のサイトで

参考:角川書店:うつヌケ (田中 圭一) ~うつトンネルを抜けた人たち~ “UTSUNUKE” KEIICHI TANAKA|KADOKAWA


この記事が気に入ったら
いいね!しよう