来春は今年の3倍! 花粉症対策で注目「免疫療法」最新事情

来春は今年の3倍! 花粉症対策で注目「免疫療法」最新事情
出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – 来春は今年の3倍! 花粉症対策で注目「免疫療法」最新事情

気象情報会社「ウェザーニューズ」(千葉市)は来年2019年のスギ、ヒノキの花粉飛散傾向を予測し、最大で今年の約3倍となることを1日に発表した。今夏が記録的な猛暑で、花粉を飛ばす雄花がよく育つ環境になっていたことが理由だという。ここでチェックしておきたいのが、最新の花粉症対策だ。

  • これまでの治療は内服薬や点鼻薬でアレルギー症状を抑える「対症療法」が中心。
  • 今年注目の治療法は、アレルギーの原因になる花粉を自ら服用し、体を慣らすことで症状が出ないようにする「免疫療法」だ。
  • 鳥居薬品(東京・中央区)が今年の6月にスギ花粉舌下錠「シダキュア」を発売。
  • 錠剤になっており、舌下に1分間置いて飲み込むだけで、花粉を体内に取り入れることができる。

続きは日刊ゲンダイ ヘルスケア+のサイトで

参考:鳥居薬品 – スギ花粉舌下錠「シダキュア」

アレルギー性鼻炎 – アレルギーシリーズ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう