花粉シーズン、目をこすると感染リスク…換気にも工夫必要

花粉シーズン、目をこすると感染リスク…換気にも工夫必要
出典:読売新聞 – 花粉シーズン、目をこすると感染リスク…換気にも工夫必要

新型コロナウイルスの影響で、今年の花粉症は例年よりも注意が必要となりそうだ。かゆい目をこすると感染リスクが高まり、換気の徹底で花粉にさらされる機会が増える。花粉は飛散し始めており、専門家は「手指消毒の徹底と換気に工夫が必要」としている。

  • 日本気象協会によると、スギ花粉は6日午前時点で、関東や九州などで少しずつ飛び始めており、大阪で3月上旬、東京で3月上旬から下旬にピークを迎える。
  • 飛散量は例年より少ない見通しだが、昨年が少なかったために前年比では、関東甲信で1・8倍、近畿で1・4倍、東海で2・2倍などと見込まれている。
  • つらい症状に加え、今年はコロナ下ならではの悩みも。

続きは読売新聞のサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう