インフルエンザの流行「今季は早い」説は本当か

インフルエンザの流行「今季は早い」説は本当か
出典:DIAMOND ONLINE – インフルエンザの流行「今季は早い」説は本当か

今季は「例年よりもインフルエンザの流行が早い」と言われ、そのような報道もある。実際、9月以降、学級閉鎖する自治体も出てきている。そこで、近年の状況と背景などを調べてみた。(医療ジャーナリスト 木原洋美)

  • 「今シーズンはインフルエンザの流行が早い」 そんな情報が飛び交ったのは9月上旬のことだった。
  • 2018年9月1日に大分県でシーズン初のインフルエンザによる学年閉鎖が発生。
  • 以降、学年閉鎖・学級閉鎖があった自治体は、大阪市(9月3日)、茨城県、栃木県(9月4日)、横浜市(9月5日)、愛知県(9月7日)、山形県、東京都、岐阜県、和歌山県、愛媛県(9月10日)…と一気に全国に広がっている。
  • この状況を受け、「例年よりも1~2ヵ月流行の始まりが早い。予防に努めてください」と注意を促す報道が散見された。
  • 9月初旬にインフルエンザが流行し始めるのは「普通」。「例年より早い」とは言えない状況になっている。では一体、日本で何が起きているのだろう。

続きはDIAMOND ONLINEのサイトで


この記事が気に入ったら
いいね!しよう