スクウェルがお薦めする「ウィルス不活化装置」V-VALIAのご紹介

この度、スクウェル事務局(株式会社インターテクスト)は、イオンクラスター技術によってウィルスを不活化、また浮遊カビ菌、ホルムアルデヒド、PM2.5の除去に有効で、空気を清潔に保つことに貢献する「ウィルス不活化装置」V-VALIAの販売を開始いたしました。

 これまでスクウェル事務局では、学校における子どものウェルネスを追求し、手洗い推奨をはじめ、感染症についての啓発情報の発信に努めてまいりました。その信頼基盤の上に、科学的なエビデンスを備えた優れた商品を、学校をはじめとしてそれらを必要とする施設にご提供したく存じます。

 新型コロナウィルスによる不安は、多くの学校、団体、企業や個人を苦しめています。スクウェル事務局ではこれらの方々の不安を少しでも取り除き、健康で安心な生活を送れるように、引き続き尽力してまいります。

 こんな方々のために



気温や気圧の変化で不調に―気象病 ~自律神経を整えて対策~

気温や気圧の変化で不調に―気象病 ~自律神経を整えて対策~
出典:時事メディカル – 気温や気圧の変化で不調に―気象病 ~自律神経を整えて対策~

気温や湿度、気圧、天候の変化で起こる「気象病」は心身にさまざまな不調が表れる。こうした悩みへの適切な対処法を、上本町わたなべクリニック(大阪市)の渡邊章範院長に聞いた。

  • 症状は関節痛や頭痛、耳鳴りなど身近なものから、めまいや不整脈のように突然起きるもの、ぜんそく、高血圧、脳卒中、心筋梗塞のようなものまでさまざま。
  • 不安感やうつなど精神的な症状も起こる。「一番の原因は自律神経の乱れと考えられます」。
  • 自律神経には交感神経と副交感神経がある。交感神経は、仕事やスポーツをしている時、ストレスを感じている時などに活発に働く。
  • 副交感神経は、睡眠中やリラックスしている時などに活発に働いて血管を広げ、血圧や心拍数を低下させて体を休める。
  • 心身の健康維持には、自律神経がバランスよく働くことが大切。

続きは時事メディカルのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう