児童・生徒の16%に自傷行為 コロナ禍ストレスか

児童・生徒の16%に自傷行為 コロナ禍ストレスか
出典:時事メディカル – 児童・生徒の16%に自傷行為 コロナ禍ストレスか

新型コロナウイルス感染症で、それ以前とは異なる日常生活を強いられ、ストレスを感じることが多い。

 国立成育医療センター(東京都世田谷区)が幼児から高校生までの児童・生徒とその保護者を対象に2020年11~12月に実施した調査では、児童・生徒の16%に毛髪を抜くなどの自傷行為があったことが報告された。保護者についても、29%が中程度以上のうつ状態 にあることが分かり、大人も子どもも追い詰められている現状が見えてきた。

  • 同センターはコロナの流行拡大以降、保護者や子どもを対象に定期的な調査をインターネットによって実施しており、これが4回目。
  • 今回は、児童・生徒や保護者の心理状態に特に力点を置いて実施。
  • 今回の調査の回答者は延べ4629人で、 未就学児は保護者だけ、それ以上の年齢は当人と保護者の回答を受け付け。
  • このうち保護者からの回答では、男女約1400人の未就学児のうち、 支援が必要とされたのは男児で35%、女児で23%だった。
  • また、小学校低学年の約400人の保護者からの回答では、「コロナのことを考えると嫌な気持ちになるようだ」「すぐにイライラするようだ」「最近、集中できないようだ」。こんな声が多く寄せられた。

続きは時事メディカルのサイトで

参考:2021年3月16日 – 国立成育医療研究センター 教育機関向け資料



この記事が気に入ったら
いいね!しよう