なぜ「ゲーム障害」の患者にADHAの人が多いか 医師が解説

なぜ「ゲーム障害」の患者にADHAの人が多いか 医師が解説
出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – なぜ「ゲーム障害」の患者にADHAの人が多いか 医師が解説

世界保健機関(WHO)から正式に疾患と認定された「ゲーム障害」。その患者には、発達障害の人が多い傾向がある。特に「注意欠如・多動性障害(ADHD)は、ゲーム依存となる上での大きなリスク要因だ」と、久里浜医療センター院長の樋口進医師は言う。なぜゲーム依存にADHDの人が多いのか、樋口医師に解説してもらった。

  • ADHDはAD(注意欠如障害)と、HD(多動性障害)に分かれますが、特にゲーム依存と合併しやすいのはAD。
  • AD患者は退屈さを嫌う傾向がある。
  • オンラインゲームは片時もプレーヤーを退屈させないように、さまざまな仕掛けを凝らしている。
  • それに加えて、これはADとHD双方に言えるのですが、強化要因にすぐなれる傾向がある。
  • スポーツや普通の趣味だと、面白いと一時思っても、すぐそれになれてつまらなくなってしまう。
  • ゲームは絶えず新しい強化要因、つまり面白さを提供してくるので、飽きることなく続けられる。

続きは日刊ゲンダイ ヘルスケア+のサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう