<長野県>食物アレルギー持つ児童生徒21人減 岡谷市

食物アレルギー持つ児童生徒21人減 岡谷市
出典:長野日報 – 食物アレルギー持つ児童生徒21人減 岡谷市

岡谷市内の小中学校で食物アレルギーを持つ児童生徒は154人で、前年度より21人減少したことが、市教育委員会のまとめで分かった。全児童生徒に占める割合は0・41ポイント減の3・93%で、「全体としてはほぼ横ばい」(市教育総務課)としている。市教委は昨年度策定した学校給食における食物アレルギー対応基本方針を4月1日から施行。改めて安全な給食の提供に取り組んでいく方針だ。

  • 市教委が4月1日現在でまとめたところ、食物アレルギーの児童生徒は小学校では前年度比17人減の99人、全児童に占める割合は3・80%だった。
  • 中学校では同4人減の55人、全生徒に占める割合は4・20%だった。
  • また、重症のアレルギー反応「アナフィラキシー」を起こす恐れがある児童生徒は小学校で17人、中学校で7人だった。

続きは長野日報のサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう