マダニ感染症の謎を追う

マダニ感染症の謎を追う
出典:NHK NEWS WEB – マダニ感染症の謎を追う

森林や草地などにいるマダニが媒介する感染症、SFTS=重症熱性血小板減少症候群。国内での死亡率は20%にのぼりますが、有効な治療法はありません。ことしは発症者の数が8月6日までに64人と、統計があるここ5年間で最も多くなるなど猛威をふるっています。さらに、ペットの犬や猫、動物園のチーターでも感染が確認されるなど、その影響は私たちの生活圏にまで広がりつつあるようです。SFTSウイルスを持ったマダニは、どこまでどのように広がっているのか、そして対策は。謎の多いSFTSウイルスとマダニの分布について最新の研究成果から迫ります。

  • 過去最高ペースの発症者数 致死率は20%。
  • ペットの猫にも危険なウイルスを持つマダニがつくのか。NHKでは、全国の動物病院に情報提供を呼びかけ。
  • その結果、全国154の動物病院から回答があり、このうち111の病院は、猫にもマダニがつくことがあると回答。
  • ペットの猫にマダニがつくことは、かなり頻繁に起きていました。

続きはNHK NEWS WEBのサイトで

参考:NHK – みんなで作る危険生物マップ マダニ編



この記事が気に入ったら
いいね!しよう