意外に多い人獣共通感染症 犬猫に噛まれたらどうすべき?

意外に多い人獣共通感染症 犬猫に噛まれたらどうすべき?
出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – 意外に多い人獣共通感染症 犬猫に噛まれたらどうすべき?

犬好き猫好きなら飼い主がいる、いないにかかわらず、見かけた犬や猫を抱っこして可愛がる。その癒やしに大満足の人も多いだろうが、それと引き換えに噛まれたり爪でひっかかれるリスクを負うことを忘れてはいけない。下手をすると思わぬ病気をもらうことにもなりかねない。

  • 犬や猫の歯は一般の人が考えている以上に不潔で、さまざまな感染症の温床になっている。
  • 動物に噛まれた傷を咬創と言いますが、小さな咬創であっても傷が深いことが多い。
  • 患者さんの中には噛まれた歯が小指の骨まで達して髄膜炎を発症。予後が悪くて指を切断した人もいる。

続きは日刊ゲンダイ ヘルスケア+のサイトで


この記事が気に入ったら
いいね!しよう