体のあちこちにカビが…「爪の水虫」放置はこんなに危険

体のあちこちにカビが…「爪の水虫」放置はこんなに危険
出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – 体のあちこちにカビが…「爪の水虫」放置はこんなに危険

水虫には、よく知られる足の指の間などにできる「足水虫(足白癬)」のほか、「爪水虫(爪白癬)」がある。埼玉医科大学皮膚科教授の常深祐一郎医師に話を聞いた。

  • 爪水虫は、その名の通り、爪の水虫。
  • 日本での足水虫は5人に1人、爪水虫は10人に1人。爪水虫は一般に想像されている以上に多い。
  • 問題は、「患者が爪水虫に気づいておらず治療に至っていない」「爪水虫に対して積極的に治療を行う医師が少なかった」ということだ。
  • 水虫菌が害を及ぼすのは、足だけにとどまらない。
  • 背中やおしりに皮疹ができている体部白癬、いわゆるタムシの患者さんの足を見ると、ほとんどの場合、水虫菌がいる。

続きは日刊ゲンダイ ヘルスケア+のサイトで

白癬感染症(トンズランス感染症) – 学校で予防すべき感染症シリーズ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう