清潔だとアレルギーになりやすい?「インハンド」に登場の「衛生仮説」とは

清潔だとアレルギーになりやすい?「インハンド」に登場の「衛生仮説」とは
出典:Yahoo!ニュース – 清潔だとアレルギーになりやすい?「インハンド」に登場の「衛生仮説」とは

「インハンド」というドラマでは、「衛生仮説」をテーマに話が展開されていました。
山下智久さんが主演された「インハンド」というドラマをみていて、微生物学のエキスパートの役柄である山下さんが「衛生仮説を知っておられるんですね」と発言している場面がありました。

そしてその後、このドラマの主軸に「衛生仮説」が据えられ、重要なテーマのひとつとして展開されていきました。

この『衛生仮説』ってなんだろう?

という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

  • 「衛生仮説」は、もともとは1989年に英国の疫学者ストラカンが提唱した概念。
  • ストラカンは、1958年のある週に出生した英国の小児17414人を23年間観察していった結果を報告し、生まれたときの上のきょうだいの数が多いほど花粉症や湿疹が少ないことを示しました。
  • そしてその理由として、「きょうだいからの感染症が多くなる環境だとアレルギーが少ないのではないか」と推測したのです。
  • この元論文は、表も含めても1ページ足らずの極めて短いものでしたが、「衛生的な環境になるほどアレルギーが増えるかもしれない」という「衛生仮説」の最初の報告となったのです。。

続きはYahoo!ニュースのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう