スマホの長時間使用と関連!?  小児の急性内斜視

スマホの長時間使用と関連!?  小児の急性内斜視
出典:時事メディカル – スマホの長時間使用と関連!?  小児の急性内斜視

を見るときに、片方の目が内側に寄る内斜視。小児の急性内斜視の発症に、スマートフォンやタブレット端末など、デジタル機器の長時間使用が関わっている可能性があるとする研究結果が報告されている。報告をまとめた国立成育医療研究センター(東京都世田谷区)眼科の吉田朋世医師に聞いた。

  • 急性内斜視は、片方の目の急な視力低下、精神的ストレス、近視の矯正不足などが原因で生じる。
  • しかし最近、「そのような原因が見られず、よく聞いてみると、デジタル機器を長時間使用しているという小児の急性内斜視を診ることがあります」(吉田医師)。
  • 患者は、毎日3~4時間以上、6カ月から2年間にわたってデジタル機器を使用していた。
  • 小さな画面を至近距離で見るときに目は内側に寄るが、画面から目を離したり、見るのをやめたりすれば元に戻る。
  • しかし、長時間見続けていると、眼球を動かす筋肉のバランスが崩れて元に戻りにくくなる。
  • 小児の目は内側に寄りやすいこと、至近距離で長時間見ていても疲れにくいことも関係しているようだ。

続きは時事メディカルのサイトで



スマホの長時間使用と関連!?  小児の急性内斜視

この記事が気に入ったら
いいね!しよう