スマホ依存の関連因子を探る 日本とタイの高校生を比較検討

スマホ依存の関連因子を探る 日本とタイの高校生を比較検討
出典:yomiDr.(読売新聞) – スマホ依存の関連因子を探る 日本とタイの高校生を比較検討

世界で20億人以上が所有しているとされるスマートフォン(スマホ)。利便性が高く医療現場での活用も進められる一方、心身への悪影響が指摘されていることも事実だ(関連記事「 ギャンブルやゲームへの依存の実態は? 」)。タイ・Chiang Mai University,Research Institute for Health SciencesのArunrat Tangmunkongvorakul氏らは、同国と日本の高校生を対象にスマホ依存の関連因子について比較検討し、結果を PLoS One (e0238459)に報告した。

  • れまでの知見として、若年者層におけるスマホ依存についてはうつ病、不安障害、孤独感、内向的性格、精神的充足感の低さ、自尊心の低さ、飲酒・喫煙などの物質依存、睡眠の質の低さなどさまざまな関連因子が明らかに。
  • 一方、スマホ使用に関しては経済環境や文化的背景が潜在的に影響を及ぼしていると考えられるが、それらの異なる背景を持つ複数の国におけるスマホ依存について比較検討した報告はない。
  • タイと日本の高校生を対象にその実態を探るとともに、関連因子を検討した。

続きはyomiDr.(読売新聞)のサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう