「死ぬよりつらい」肺炎は若くてもかかる、その恐怖と対策

「死ぬよりつらい」肺炎は若くてもかかる、その恐怖と対策
出典:NEWS ポストセブン – 「死ぬよりつらい」肺炎は若くてもかかる、その恐怖と対策

どんな病気にも、苦痛はつきものだ。虫歯や片頭痛、花粉症のように、直接命にかかわらなくても、「死ぬほどつらい」思いをしたことはだれにでもあるだろう。しかし、本当に命にかかわる重要な器官が異常を起こしたとき、その苦痛は「死ぬよりつらい」という。

  • 肺は、気管から気管支へとつながった末端にある臓器で、3億個ほどある風船状の「肺胞」で成り立っている。
  • 肺胞の隙間には血管やリンパ管があり、それらを支える組織を「間質」という。
  • それぞれについて、「肺胞性肺炎」と「間質性肺炎」がある。単に「肺炎」と呼ぶときは前者を指すことが多い。
  • 新型コロナウイルスによる肺炎は「間質性肺炎」であることが多い。

続きはNEWS ポストセブンのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう