マスク蒸れでお肌にトラブル  常在菌が活発化、皮膚炎も

マスク蒸れでお肌にトラブル  常在菌が活発化、皮膚炎も
出典:時事メディカル – マスク蒸れでお肌にトラブル  常在菌が活発化、皮膚炎も

「マスクの中が蒸れる」「肌がただれてかゆい」「息苦しい」などなど。高温多湿の日々が続く中でも、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策としてマスクは欠かせない。このため、マスクにこもった息の湿気に汗の刺激が加わり、口の周囲の皮膚トラブルに悩まされている人が増えている。かゆみや炎症にどう対処すればよいのか、アトピー性皮膚炎などの治療に詳しい野村皮膚科医院(横浜市)の野村有子院長に聞いた。

  • 基本的にマスクはつばや飛沫(ひまつ)などを封じ込めるので、通気性は悪い。息に含まれる熱気や湿気、汗が皮膚とマスクの間に留まって蒸れるのが原因。
  • 綿やガーゼ生地のマスクは、医療用の不織布に比べて気密性が低い上に吸湿性がある。
  • 長時間装用していれば蒸れは避けられない。
  • トラブルが起きるもう一つの大きな要因は、マスクと皮膚の摩擦。

続きは時事メディカルのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう