インフルエンザがコロナ禍で激減、その理由は?

インフルエンザがコロナ禍で激減、その理由は?
出典:ウェザーニュース – インフルエンザがコロナ禍で激減、その理由は?

インフルエンザと新型コロナの同時流行が懸念されていますが、今のところインフルエンザ患者は全国でも数えるほどで、流行にはほど遠いようです。今年の冬はインフルエンザの流行がないのでしょうか。

  • 生労働省は毎週、全国のインフルエンザ患者数を公表。
  • 8月31日〜11月29日の13週間の患者数は263人。
  • 昨年同期は9万8279人。
  • 昨年に比べて99.7%も減少。
  • 昨シーズンは早い時期から感染が増えたため、11月4日の週(45週)から流行シーズンに。
  • 今シーズンは週ごとの報告数が100分の1以下。
  • インフルエンザ患者が激減したのはなぜでしょうか。

続きはウェザーニュースのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう